整形当日のメイクについて

女性は何かと美容には関心が高いもので、いくつになろうとも、美しい容姿を維持していたいと願うもので、自分の顔に対する不満があれば、メイクアップ技術などを研究し、何とかカバーできるように頑張って仕上げる手間も厭わないものです。しかしどれだけ努力を重ねても、どうしても自分が満足できる改善が望めず、強いコンプレックスとなってしまっている場合など、美容整形という最後の手段にチャレンジしようと決心される方もいらっしゃいます。近年の美容技術は飛躍的に進歩しているので、一昔前のように大きく顔にメスを入れるようなものはほとんどなくなり、出来るだけ切らない手術が主流となっています。プチ整形などという言葉も浸透しているように、患者側に取ってリスクが少なく、ダウンタイムも短くて済む手術が増えてきているので、受けた日でも腫れがあまり目立たないものもあります。しかしこういった手術は、やはり体質などによる個人差も大きく、見た目にもわかるくらい腫れてしまうこともあるので、手術日の段取りやサングラスやマスクの準備はしておいたほうが無難でしょう。美肌治療などであれば術後メイクをして帰れる場合もありますが、整形の種類によってはマスクなどで隠すほうが良い場合もあるので、医師にカウンセリング時にしっかり確認しておきましょう。

コメントは受け付けていません。