疑われた時の言い訳で使える言い回し

整形は夏休みや年末年始、ゴールデンウィーク等の長期休暇中に行えば、前後の変化が目立ちません。一人だけ休暇をとってしまうと、休暇後の変化が人目につきやすいので、なるべく周囲の人が休む時期に合わせて手術を受ける方がいいです。脂肪吸引を受ける場合は、施術前にダイエットをしていると周囲に言いふらしておきましょう。例えば、年末年始に施術を受ける場合は、お正月中に痩せる、と宣言しておけば、本当に休み明けに痩せた姿で現れても、ほとんどの人はダイエットが成功したと信じてくれます。人前で食事をする時は極端なくらいの小食に留め、お菓子類も我慢しておけば、術後の変化を怪しまれることも少ないです。それでも疑われた時は、急に身内に不幸があって激やせした、とでも言いましょう。不幸な出来事に対しては、誰もそれ以上の追及はできません。目や鼻等の美容整形を行う時は、施術の前後はメイクや髪型でごまかしましょう。施術前に二重用のアイテープや付けまつ毛をつけておけば、術後に目が大きくなっていても不自然ではありません。厚めの前髪をつくったり、メガネを使うのも効果的です。回りにはメイクを変えた、又はいろいろなメイク方法を研究している、と伝えましょう。

コメントは受け付けていません。