ホームケアのポイント

整形を受けてきた当日は思った以上に顔の腫れがあるので、ホームケアとして冷やす方法をおすすめします。手術の日には約晴れをひかせるためにはどうすればいいのかということを事前に医師に相談しておくのがいいかもしれません。しかし手術の晴れを必要最絵低減抑えるためには手術をする医師の腕にかかっているといっても過言ではありません。上手だったら無駄な操作もありませんし出血もほとんどないので、手術も短時間で終わりますからその分少なくなりますが下手だと無駄な操作が多くて出血もしますし、時間がかかって強く表れてしまうのです。

そしてホームケアではアイシングがおすすめです。一番は安静にすること、そして患部を冷やすことなのです。直後から翌日が一番ひどくなっていると思います。数時間で引くこともありますが、翌日になれば炎症によって現れることもあり、そこから日にち薬でだんだん引いていくのですが炎症が収まらなかったり、血液の流れが良くなるようなことをしてしまうとひどくなりますので、お風呂も最初の3日間はシャワーだけにしておくとか、ぬるま湯につかる程度にするなどして冷やす以外にも、自分でも日常生活を送る上で配慮が必要です。

コメントは受け付けていません。