ダウンタイムの上手なやり過ごし方について

整形手術にはどうしてもつきもののダウンタイム。施術によっては周りの人に「どうしたの!?」と心配されてしまうような強い作用がでるものもあります。お仕事をしている方は、うまく施術後に長期休暇が取れるとも限りません。注射跡などの小さな跡であればコンシーラーをうまく使うことで意外に隠れるものですが、手軽に顔を隠せるのはやはりマスクです。最近では一年中している人もいますが、特に風邪予防や花粉症対策でマスクをする人が増える冬や春に施術を行えば、ずっとマスクをしていても不自然さはありません。目元の施術であれば、サングラスやふちの太い伊達眼鏡をするとカモフラージュになりますね。いずれにしろ、施術のスケジュールを立てる際にダウンタイムを計算に入れて日程を考え、施術後の過ごし方はドクターの指示に従うようにしましょう。施術の後は、いつも以上に紫外線などに気を配らないとせっかくの施術もまったく無駄になってしまうことすらあります。できることなら、ダウンタイムが終わるまでは、あまりアクティブに活動することは避け、おうちでゆっくりティータイムを過ごしたり、お仕事後はまっすぐおうちに帰って早くベッドに入って体を休めるといいですね。

コメントは受け付けていません。