‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

疑われた時の言い訳で使える言い回し

2014/11/24

整形は夏休みや年末年始、ゴールデンウィーク等の長期休暇中に行えば、前後の変化が目立ちません。一人だけ休暇をとってしまうと、休暇後の変化が人目につきやすいので、なるべく周囲の人が休む時期に合わせて手術を受ける方がいいです。脂肪吸引を受ける場合は、施術前にダイエットをしていると周囲に言いふらしておきましょう。例えば、年末年始に施術を受ける場合は、お正月中に痩せる、と宣言しておけば、本当に休み明けに痩せた姿で現れても、ほとんどの人はダイエットが成功したと信じてくれます。人前で食事をする時は極端なくらいの小食に留め、お菓子類も我慢しておけば、術後の変化を怪しまれることも少ないです。それでも疑われた時は、急に身内に不幸があって激やせした、とでも言いましょう。不幸な出来事に対しては、誰もそれ以上の追及はできません。目や鼻等の美容整形を行う時は、施術の前後はメイクや髪型でごまかしましょう。施術前に二重用のアイテープや付けまつ毛をつけておけば、術後に目が大きくなっていても不自然ではありません。厚めの前髪をつくったり、メガネを使うのも効果的です。回りにはメイクを変えた、又はいろいろなメイク方法を研究している、と伝えましょう。

ダウンタイムの上手なやり過ごし方について

2014/11/24

整形手術にはどうしてもつきもののダウンタイム。施術によっては周りの人に「どうしたの!?」と心配されてしまうような強い作用がでるものもあります。お仕事をしている方は、うまく施術後に長期休暇が取れるとも限りません。注射跡などの小さな跡であればコンシーラーをうまく使うことで意外に隠れるものですが、手軽に顔を隠せるのはやはりマスクです。最近では一年中している人もいますが、特に風邪予防や花粉症対策でマスクをする人が増える冬や春に施術を行えば、ずっとマスクをしていても不自然さはありません。目元の施術であれば、サングラスやふちの太い伊達眼鏡をするとカモフラージュになりますね。いずれにしろ、施術のスケジュールを立てる際にダウンタイムを計算に入れて日程を考え、施術後の過ごし方はドクターの指示に従うようにしましょう。施術の後は、いつも以上に紫外線などに気を配らないとせっかくの施術もまったく無駄になってしまうことすらあります。できることなら、ダウンタイムが終わるまでは、あまりアクティブに活動することは避け、おうちでゆっくりティータイムを過ごしたり、お仕事後はまっすぐおうちに帰って早くベッドに入って体を休めるといいですね。

1回で劇的変化をしない

2014/11/24

自分の顔の部位でどうしても気になる部分があり整形したいと考えている人もいるでしょう。しかし、整形をすると見た目の変化があるため周りからの反応が気になります。できれば周りから気づかれずにこっそりと整形したいと考えている人の方が多いのではないでしょうか。そうした人々におすすめなのが、1回で劇的な変化をするのではなく、手術タイミングを工夫することによって徐々に変化していくように整形することです。誰でも、昨日会った人の顔が急に変わっていたら整形を疑うでしょう。しかし、ほんの少し変わった程度であれば化粧の違いなどかもしれないと考えてくれる可能性が高くなります。数回に分けて手術することによって、一回ごとの変化を小さくすることができるため周囲から整形したことを気づかれにくくなるでしょう。まだまだ整形に対する偏見もあるのでできればあまり目立たないように整形したいと考えている人は、こうしたちょっとしたポイントに注意するのがおすすめです。整形することには多少の勇気がいると思いますが、思い切って行動することによりコンプレックスを解消しておしゃれを楽しめるようになったら素敵でしょう。担当の先生と相談しながら施術タイミングを考えていってください。

整形バレしないための手術タイミング

2014/11/24

整形バレしないためには、転職や入学など環境が代わる時期は絶好のタイミングです。環境が代わる前に整形を受けておけば、生まれ変わった自分で新しい生活を始められます。新しい友人に整形がバレないようにするには、古い写真は全て処分してしまうのが一番です。携帯の写真データは削除してしまうか、目元を加工して元の顔がわからないようにしてしまいましょう。運転免許証は紛失したといえば再発行してくれるので、整形後の写真で新しい免許証を発行してもらいましょう。昔からの友人には、整形前後3カ月くらい会わなければ、それほど整形を疑われることはありません。この期間は、転職や入学の準備や環境に慣れるのに忙しい、と言っておけば、付き合いが悪くなっても怪しまれません。その後会った時に姿が変わっていても、環境の変化が原因だと思ってくれます。施術前とはメイクや髪型、ファッションをがらりと変えれば、顔やスタイルの変化も自然に受け止めてもらえます。整形前は髪をロングに伸ばしていて、整形後にばっさり切ってしまえば、それだけで印象は大きく変わります。ストレートヘアはパーマに、パンツスタイルが多い人はスカートに、と反対方向にスタイルを変えれば、別人のような変化もそれほど不自然ではありません。

ホームケアのポイント

2014/11/24

整形を受けてきた当日は思った以上に顔の腫れがあるので、ホームケアとして冷やす方法をおすすめします。手術の日には約晴れをひかせるためにはどうすればいいのかということを事前に医師に相談しておくのがいいかもしれません。しかし手術の晴れを必要最絵低減抑えるためには手術をする医師の腕にかかっているといっても過言ではありません。上手だったら無駄な操作もありませんし出血もほとんどないので、手術も短時間で終わりますからその分少なくなりますが下手だと無駄な操作が多くて出血もしますし、時間がかかって強く表れてしまうのです。

そしてホームケアではアイシングがおすすめです。一番は安静にすること、そして患部を冷やすことなのです。直後から翌日が一番ひどくなっていると思います。数時間で引くこともありますが、翌日になれば炎症によって現れることもあり、そこから日にち薬でだんだん引いていくのですが炎症が収まらなかったり、血液の流れが良くなるようなことをしてしまうとひどくなりますので、お風呂も最初の3日間はシャワーだけにしておくとか、ぬるま湯につかる程度にするなどして冷やす以外にも、自分でも日常生活を送る上で配慮が必要です。

アゴ削りのメイクポイント

2014/11/24

アゴ削りとメイクのポイントについてですが、アゴ削りの整形をする人はエラが張っていた人だと思いますが骨と筋肉が原因でエラが張っていたのかもしれません。骨格がもともと形として四角い形をしていた人、そして整形をして削って改善をしていくのかと思いますが、筋肉が原因の場合ならボトックス注射をするなどして改善できますが、できないから削ったのでしょう。削った人はこれからのメイクのポイントを少し変えていく必要があるかもしれませんが、これまでシャドーを入れていたり、チークの場所をエラ張りを意識して入れていた人はそれを改善することになります。

削ったあとは、出来るだけ頬にシャドーを入れる必要はなくなりますし、そしてチークもふっくらと頬を見せるために高めの頬骨の一番出ている場所にふわっと入れる程度にしておけばいいでしょう。あまり入れすぎてしまうとかえって強調させてしまう恐れがありますのでメイクの方法は変える必要があります。

あと、メイクではありませんが前髪を改善する必要もあります、例えば、ぱっつん前髪だった人は、斜めにして少しおでこの肌色を出せば、エラの張りが強調されなくなりますし、小顔効果もだすことができるのでオススメです。

鼻プロテーゼのメイクポイント

2014/11/24

美容整形外科で鼻プロテーゼ手術を受けてコンプレックスを解消する人は性別や年齢に関係なく大勢います。特に女性は術後病院から自宅まで帰宅する間になるべく目立たないようにしたいとメイクを希望することが良くあります。
プロテーゼを鼻に入れる手術の場合、術後は鼻全体をガーゼや被覆材で覆うため、そのままだとかなり目立ちます。人目が気になる場合はマスクを着用して帰宅するのが無難です。
しかしそれ以外の箇所はメイクしてもなんら問題は無いため、出来るだけ自然に見えるようにアイブロウやアイメイクをしっかりと行っておけばそれほど悪目立ちする心配はありません。
三日ほど経過して固定のために貼っていたテープを取り除けるようになったらメイクをすることは可能ですが、気になる人は抜歯が終わってから行っても良いでしょう。
痛みや腫れが引かないうちはあまりいじらないほうが無難です。
術後しばらくの間さえ我慢していればあとは見違えるように美しい自分の顔を楽しむことが出来るため、無理してすぐにメイクするよりも様子を見てマスクを着用して日々を過ごすと良いでしょう。
一週間もすれば入浴や運動も可能となり、普段の生活に戻ることが出来るため、術後の新しい生活を心から楽しむと良いでしょう。

二重手術のメイクポイント

2014/11/24

二重手術のメイクのポイントエスが、美容整形をして二重になったら更に変わった顔を美しく変身させるメイクが必要です。メイクテクニックによって、整形したことが周囲に知られずに過ごすことができることもあります。そして施術を受けてから化粧を控えなければいけない期間があることを知っていれば、整形を受ける計画も立てやすいでしょう。まず美容整形を受けてからメイクを控えなければいけないのはアイメイクは1週間は控えなければ行けません。アイメイク以外は当日でも可能です。

二重手術のあとのメイクとしてのポイントは、受けてからメイク解禁後もまだ腫れていることが多いですからそれをカバーしたいとか、整形をしたことを知られたくないと思うと思います。そこでおすすめなのがアイライン、濃い目の車道をしっかりとひきましょう。そしてそのベースによって愛ホールにしろ、薄めの色を入れることによって立体感もだすことができます。

まつげに関してはボリュームアップを目指すかふさふさにすることをおすすめします。これが二重手術を受けてからのメイクのポイントです。最初は腫れているのでなんとかしたいと思うかもしれませんがだんだん引いてくれば、メイクも楽しめるようになります。

整形当日のメイクについて

2014/10/14

女性は何かと美容には関心が高いもので、いくつになろうとも、美しい容姿を維持していたいと願うもので、自分の顔に対する不満があれば、メイクアップ技術などを研究し、何とかカバーできるように頑張って仕上げる手間も厭わないものです。しかしどれだけ努力を重ねても、どうしても自分が満足できる改善が望めず、強いコンプレックスとなってしまっている場合など、美容整形という最後の手段にチャレンジしようと決心される方もいらっしゃいます。近年の美容技術は飛躍的に進歩しているので、一昔前のように大きく顔にメスを入れるようなものはほとんどなくなり、出来るだけ切らない手術が主流となっています。プチ整形などという言葉も浸透しているように、患者側に取ってリスクが少なく、ダウンタイムも短くて済む手術が増えてきているので、受けた日でも腫れがあまり目立たないものもあります。しかしこういった手術は、やはり体質などによる個人差も大きく、見た目にもわかるくらい腫れてしまうこともあるので、手術日の段取りやサングラスやマスクの準備はしておいたほうが無難でしょう。美肌治療などであれば術後メイクをして帰れる場合もありますが、整形の種類によってはマスクなどで隠すほうが良い場合もあるので、医師にカウンセリング時にしっかり確認しておきましょう。